未分類

トイレのつまりの前兆


トイレを使用する時の人の考え方として、流してはいけない物でも、流してしまえば綺麗になるのだから、流してしまおう、また、少し流れが悪いようにも感じるけれど、つまってはいないようだから大丈夫だろう、という甘い認識があります。トイレは基本的につまりやすいものですので、何でもすぐにトイレに流す悪習を改めることから始めてみましょう

前兆トイレがつまる前には、前兆がある場合がほとんどです。もちろん、トイレはつまらせないことが大切ですが、どうしても長年使用していると、少しずつ配管がつまってくることは避けられないことがあります。では、どんな予兆があるかというと、トイレのレバーを引いて流した際、便器のギリギリまで水位が上がってきたという経験はないでしょうか。その後、少しずつ水位は引いて元に戻ったとしても、それは明らかにつまる予兆です。完全につまる前に、対処が必要です。

トイレの予兆を感じ取ったら、つまる前に準備をしておきましょう。まずはラバーカップ、これはすっぽんと呼ばれるものですが、トイレ修理には定番の吸い出し器です。後はバケツ、パイプクリーナー、ビニール手袋(ゴム手袋)、トイレ排水用ワイヤー、排水管用の洗浄剤等を購入して備えましょう。

 

業者への解決依頼

業者トイレの水が流れていかない時も、なんらかの原因によって、トイレの水がせき止められている可能性が高いです。または、水を流した時に、ゴボゴボというような異音がする場合にも、要注意です。配管がつまって、水が流れず一緒に流された空気だけが上がってくる為に、ゴボゴボと音が聞こえます。家の水回りの仕組みが、トイレの汚水と浴室や台所と一つに繋がっている場合には、逆流を起こした場合、悲劇になりかねませんので、早急に業者を呼び、専門家の対処に任せましょう。間違っても、自分で何とか解決しようと挑戦することはやめておきましょう。もっとひどいことになって、修理が困難になる可能性があります。このような時は、便器を取外し排水管を洗浄してつまりを解消し、また再び便器を戻すという大きな作業が必要となります。

今現在、トイレから異音がしていた記憶がある、実は毎日音がしていたけれど無視していたという方は、要注意ですので早めの対処がお勧めです。業者への解決依頼について、もしもどこにしていいか分からないという場合には、複数の業者に依頼して、相見積もりをとる方法もあります。いずれにせよ、安心して任せることができる業者選びが大切です。

参照リンク…トイレつまり